2010年03月16日

決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)

 民主党は10日、経営破綻(はたん)した日本航空の問題を調査する「日本の空を考えるプロジェクトチーム(PT)」(座長・桜井充参院議員)を発足させ、国会内で初会合を開いた。粉飾決算の疑いを調べた上で、過去に自民党政権下で日本政策投資銀行などが実施した日航向け融資の是非も検証。来月中に結果を取りまとめる方向だ。
 日航をめぐっては、麻生前政権が昨年6月、政府主導で政投銀や3メガバンクによる1000億円の協調融資を決定。日航が会社更生法を申請したため多くが焦げ付き、政府保証などの形で税金投入が避けられない事態となった。同PTは経営実態を正確に把握できていれば国民負担を避けられた可能性があるとして、過去の決算が適切に処理されていたかを調べる。 

暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)
「仕分け第2弾」公益法人選定へ…政府が調査開始(読売新聞)
<ラン>大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)
高校教諭宅が全焼、1人死亡 千葉・佐原(産経新聞)
キャンベル次官補来日中止で官房長官「日程調整付かず」 普天間の影響は否定(産経新聞)
posted by シシクラ カツノリ at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。